2017
12
Sep

エチオピア

スリ族の村で有名人になった話。

 

 

 

キビシ2日目。
今日は天気がいいぜ!撮影日和じゃあああぁああぁあ!!!!!!!!
ここキビシでは、ローカルガイドを雇わないといけないので、村に2人しかいないスリ族出身のガイドどちらかを雇うことになる。選択肢は…
・「俺のガイド料は150ユーロ(2万円)だ!」って言ってくる駄目なガイド
・英語が殆ど出来ないので会話が成り立たない駄目なガイド

 

 

 

なにこの最悪の2択…

 

 

 

 

さすがに2万も払う気はないので、英語がほとんど話せないガイドを雇うことに!名前:クルスポー
特徴:結構良いやつ。ガイドなのに英語にスリ族の言葉が混じってて殆ど理解不能…。

 

 


そんなクルスポーが朝からスリ族の集落に連れてってくれるらしい!!集落入るの200ブル(920円)かかるけど!
それでもいい!今日は撮影だ!!チェキ贈りまくるぞおおぉおお!!!!!!
僕「集落までどれくらいかかる?」

クルスポー「5分!」

僕「近い!いやーもっと山の中歩くかと思ってたからラッキー!!」

 

 

 

 

20分経過 僕「あと、どれくらいー??」

クルスポー「5分!」

 

 

 

 

40分経過。 僕「あと、どれくらいかな…?笑」

クルスポー「5分!」



 

 

結局45分ほど歩いて、スリ族の集落に到着。
わかったことは、スリ族の時間感覚はおかしい。

 

 

 

 

集落に着くと、顔や体にペイントしてる人たちがたくさんいた!!
おおぉおおぉおお!!!!!確かにこれはファッショナブル!!!!!!!!!
クルスポー曰く子供は撮影5ブル、大人は10ブル払う必要があるらしい。
とりあえず、スリ族のお姉さんを撮影させてもらった。
顔のペイントにアートを感じる…(゚д゚)!!

 

 

 

こんな山奥で、水道やガスはもちろん電気もまともにない場所でチェキ贈ったら喜ぶだろうなー!どんな反応するかなー!!
なんて思いながら、いつも通りスマホに写真を転送しようとすると…
…電源がつかん。
嘘だろ…4日間かけてスリ族の村まで来て、撮影までしたのにこのタイミングでスマホ壊れる( ;∀;)!?
モバイルバッテリーにずっと繋いでるのに、電源がつく気配が無い…。チェキが贈れない!!!!

 

 

 


モバイルバッテリーに繋いでればいつか直るはず…!!
30分ほど撮影せずにスマホを充電しながら子供たちと遊んでた。
飽きて勝手にマックブックをいじるクルスポーとパソコンという文明に釘付けのスリ族の図。

 

 

 

結局スマホが直ることはなく、僕らは一旦村へ戻った。チェキが贈れないんじゃなあ…。 クルスポーに頼んで、電気の通ってる彼の友達の部屋で充電させてもらうことに。
頼む…直ってくれ!!チェキを贈りに来たんじゃああぁあ…!!

 

 

 

3人で相談して”1時間ほど待ってみよう!”って結論に至ったので、そのまま床でお昼寝。 しかし、起きてもスマホが直ることはなく、延々とこの画面から変わることはなかった…。
ちくせう。

 

 

 

電気が原因じゃない。スマホが壊れたんだ…。なぜかこのタイミングで…( ;∀;)お昼ごはんはキットカットみたいなお菓子。昨日からビスケットとかこんなんしか食べてない。

 

 

 

 

はあぁ………こんな山奥の村まで来てどうすっかなあ。
いやーーー…困った。

 

 

 

 

…まあ、あれだな!困っててもしょうがない!!遊ぼう!!!笑
こんなとこまで来たし!せっかくだし遊ぼう!!!!
バッグの中を探ってたら、ポルトガルで手に入れたクリスティアーノ・ロナウドのお面を発見した…!!!!
これ、楽しそうかも!!!!!

 

 

 

お面をつけて、村を歩いてると予想外にウケた。
スリ族もクリスティアーノ・ロナウドのこと知ってるらしい!さすが世界No.1プレイヤー!!
現地の大人や子供まで「貸して!貸して!」「オー!ロナウドー!!」ってもう大騒ぎだった!!笑

 

 

 


お面に飽きると、村の広場でコインマジックを披露した。
ミャンマーの小学校に次いで、数少ない僕の特技を披露する時がきた…!!
(写真はクルスポーが撮ってくれた!)最初は子どもたち相手にしてたけど、気づけば人集りができて30人規模の前で披露してた!
コインを消した時のスリ族の反応が面白くて、みんな目を大きく開いて甲高い声で「アッ!!」って言う。その反応が楽しくて楽しくて…!!

 

 

 

マジックは大体こんな感じ。昔の動画だから今はもっと出来るけど!


そんなこんなで、お面やコインマジックをきっかけに僕はこのキビシで「なんかやばいジャパニーズ」という位置付けになって人気者になれた。笑
村を歩けば、1ブル渡されて「マジックやって!」と言われ、常に子どもたちが手を繋ぎに来てくれた。
人生最初で最後のモテ期がスリ族の村で訪れた。

 

 

 

 


そして、1日が終わる頃にもう一度スリ族の集落へ。
チェキは贈れなくて申し訳ないけど、それでもやっぱりスリ族の写真を撮りたい!!
夕日が沈む手前、時間がない!!!!
スリ族のみんなとあたふたわいわいしながら写真を撮った。

 

 


夕日時の逆光。ポートレートを撮るには絶好のタイミング!!!!
みんなを囲む草や木が光ってキラキラしてて美しかった。 夕日が沈んで、雨が降ってきてこの日の撮影は終了。
いやーーー、なんか濃い1日だったなあ…。

 

 

 

部屋(テント)に戻って、夜ごはん(ビスケット)食べながら、ダメ元でスマホを充電していると…
直ったああぁああぁああああ!!!!!!!!!!!!

ってことで、お金ないしスマホ壊れるしで、明日帰る予定だったけど明日も集落に行くことを決意。
スリ族最後の撮影行ってくるぜ…!!チェキ贈ってくる!!!!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *世界一周ブログランキングに参加してます。 こちらの世界一周バナーをクリックしてページが移行すると、ランキングが上がる仕組みになってます!応援の1クリックよろしくお願いしますm(_ _)m

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More